「本当に浮気しているのか?」という疑問を確信に

浮気調査の第一段階ですべき事は、「本当に浮気しているのか?」という疑問を確信に変えることです。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合にはひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。調査により浮気が確定した場合に、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいになる場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを不倫とよびます。すなわち、法律上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえません。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。とはいえ、探偵への調査依頼は調査料金も安くはないですから、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵に浮気の調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ料金はまちまちなので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。食事をした際に店で発行する領収証にはご飯を一緒に食べた人の数が書いてある事があるので、浮気と特定する材料となります。加えて、支払いをクレジットカードでした時は毎月きちんと目を通すようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊したおそれがあります。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、頻繁に行く場所を調査して、張り込んでいると、いつかは来るはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。費用のご準備が十分ではないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、方法の一つです。その機械を付けている事が知られてしまう恐れもあります。浮気の形跡がSNSを介して明るみになることもあります。SNSだと誰の投稿か一見わからないので注意不足で相手が、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに公表している場合もあるのです。ユーザーIDを見つけたならチェックしてみて下さい。探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。時間給は、人数×時間で計算した費用です。浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。しかし、単独で行くのは、揉める元なので、止めておきましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。夫婦関係にある人の浮気を調べるのを調査員に行ってもらう場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって相談します。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば調査費用が高額になるでしょう。調べる人の事務所により、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。